白髪になる原因と予防

白髪の原因白髪になる原因は遺伝や老化や遺伝、生活習慣の乱れ、ストレスなどの理由によるものです。

上記理由により、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きが弱まり、メラニン色素が十分に作られなくなったためです。
皮膚にはいらないYO!と言ってもたくさんメラニン色素作るくせに・・・(笑)

メラニン色素の量が不足すると、髪の毛が黒くならないので、白髪を予防したいときは女性医用育毛剤で対策したり、食事で栄養を与えて、メラノサイトを活性化させるようにしてください。

メラノサイトがメラニンを生成するには、チロシナーゼが必要です。
この酵素を活性化させる働きがあるのは銅なので、大豆やゴボウ、そば、エビ、プルーンなどを食べましょう。

メラニン色素の原料になるチロシンとあわせて摂ると効果的なので、チーズやバナナ、かつお、アーモンドなども食べることをおすすめします。
昆布やワカメなどにはヨードが含まれていて、メラノサイトの働きを活発にできるので、海藻類も食べるようにしてください。

女性用育毛剤は頭皮環境を整える

女性用育毛剤は頭皮環境を整え、薄毛を対策したいときに役立ちますが、白髪予防の効果も期待できます。
頭皮の栄養が不足したために、薄毛や白髪になっている場合は、必要な栄養を与えてあげれば、対策できるからです。

栄養が不足すると頭皮が硬くなるので、生えて来る髪の毛が細くなり、抜けやすくなります。
メラニンの生成量も減るので白髪になることもありますが、頭皮環境を整えれば、改善する可能性があります。

白髪染めの薬品は刺激が強いので、何度も続けていると頭皮がダメージを受けて、栄養が足りなくなってしまいます。
髪の毛の成長に必要な栄養が減ることで抜け毛が増えたり、メラニン不足で白髪になることもあります。

このような状態のときに女性用育毛剤を使えば、薄毛と同時に白髪の改善も見込めます。

白髪予防の対策に必ずしも女性用育毛剤が有効とはいえない

白髪のおばあちゃん

白髪を改善するために、頭皮環境を整えるのは良いことですが、それだけで予防になるとは考えられないので注意しなければなりません。
白髪が増える原因には個人差があるので、必ずしも女性用育毛剤が予防に有効とはいえないためです。

頭皮の栄養不足により、髪を黒くするメラニンの生成量が減っている場合は、頭皮に栄養を与えれば、改善できることもあります。
しかし抜け毛が増えることと、髪の毛が白くなることの原因が別の場合は、効果を得ることは出来ないでしょう。

髪の毛を黒くしているのはメラニン色素ですが、年齢が高くなると減少するので、白くなってしまいます。
しかし薄毛にはメラニン色素は関係ないので、女性用育毛剤を使えば必ず黒くなるという保証はありません。

合わせて読みたい女性用育毛剤: