産後の抜け毛は誰でも経験する

産後の抜け毛対策産後に抜け毛で悩む女性は意外と多い。
自分だけが薄くなるの?なんて思う人もいるみたいですが、ご安心ください。
出産後、ほとんどの女性は大量の抜け毛に苦悩します。

出産は、どんな女性にとっても、人生における大仕事。
気力も体力も使い果たした分娩後、わが子を胸に抱く時の喜びは何物にも代えられないでしょう。

ただその後に、抜け毛がやってくるのですよねぇ。。。
新米ママにとっての大きな悩みが産後の抜け毛なんです。

別名「産後脱毛症」、「分娩後脱毛症」とも呼ばれ、あるデータによると約7割の経産婦が経験するとも言われています。その原因は、いくつか挙げられますが、まず第一に考えられるのが、妊娠出産による女性ホルモンの変化です。

産後の抜け毛は女性ホルモンが影響する

女性ホルモンには、プロゲステロン(黄体ホルモン)、エストロゲン(卵胞ホルモン)の二種類あります。
女性の体のリズムに合わせて、常時バランスをとりながら分泌されていますが、妊娠すると2種類の女性ホルモンが通常時よりも大量に分泌されます。

髪の毛もまた一定のサイクルで生まれ変わります。
「成長期」と呼ばれる髪が生えて根付いている時期、「退行期」と呼ばれる髪が抜けていく時期、そして「休止期」がそれです。

女性ホルモンには、髪の成長期を長くキープする働きがありますので、妊娠中にはあまり髪は抜けません。
本来退行期に入るはずの髪の毛が成長期のまま過ごしていくのです。

出産とともに、女性ホルモンの分泌量が一気に下がると、女性ホルモンのおかげで成長期としてキープされていた髪がごっそり抜けるというわけです。
本来は退行期で既に抜けているはずの髪の毛が延命していただけなんですけどね。

産後の抜け毛で気をつけたいこと

産後の抜け毛のメカニズムがわかれば、産後の抜け毛は生理的なものであり、心配するものではないとわかります。

実際、約6か月から1年でヘアサイクルは通常の状態に戻り、抜け毛も改善されていくと言われています。
ただ、産後抜け毛の原因の一方には落とし穴もあり、生理的なものなので放置しても大丈夫と言い切れないのも事実です。

新米ママさんの日常は、出産を機に激変します。

慣れない育児によるストレス、赤ちゃんに手がかかり、睡眠や食事時間も満足に確保できない・・など、それまで自分のために使ってきた、手間と時間をすべて赤ちゃんに捧げているといっても過言ではありません。

このような子育てストレスによる抜け毛の対策には、そのストレスを軽減するために、時々は赤ちゃんと離れて自分の時間を持つのもいいかもしれません。
旦那さんをはじめ、周りの方の協力は必須です。

また専用の女性用育毛剤やシャンプーの使用も効果的です。

特に授乳中は、赤ちゃんへの影響が心配です。
その意味でもオーガニック原料の女性専用育毛剤や女性専用シャンプーを選ぶのがいいでしょう。

赤ちゃん同様、自分ケアも怠らない、すてきなママを目指しましょう。