女性用育毛剤を使うなら、効果が出るまでにはどれくらいの期間が必要なのか気になりますよね。

女性用育毛剤は半年は使いましょう

髪にはヘアサイクルというものがありますので、女性用育毛剤を使ったからといってすぐに髪が増えるわけではありません。
女性用の育毛剤は半年程度は使わないと変化を実感するのは難しいでしょう。

髪の毛は伸び続けているわけではなく、ヘアサイクルに従って”生えては抜けて”を繰り返しています。
ヘアサイクルには、髪の毛が成長する「成長期」と、髪の毛の成長が止まる「退行期」、髪の毛が抜け落ちてしまう「休止期」があります。

このサイクルを繰り返していますので、休止期を迎えて髪の寿命が終わると髪の毛は抜けおちます。
そして、再び成長期に入るまで、髪の毛は生えてこない期間に突入するのです。

すぐには健康な髪に生え変わらない

女性用育毛剤を使ったからといって、いきなり太くて健康な髪が生えてくるわけではありません。
育毛剤を使い始めてしばらくして、産毛のような細く弱々しい毛が生えてきます。
その髪が成長することで太くて長い髪に成長するのです。

薄毛が気になる方は、ヘアサイクルそのものが乱れていることを疑ってみましょう。
ヘアサイクルが乱れてしまっているものをすぐに改善するのは難しいので、根気強く育毛することを心がけてください

女性ホルモンの影響も

ヘアサイクルは女性ホルモンの影響も受けます。
女性ホルモンの分泌量は加齢と共に減少していきますし、妊娠・出産などによりバランスが崩れることももあります。
女性ホルモンであるエストロゲンには、髪を育てて維持してくれる働きがあるので、バランスが崩れると育毛ケアにも影響してくるのです。

しかも女性には閉経というものがあり、そのタイミングで女性ホルモンが急激に減少します。
女性ホルモンの急激な変化により髪にも影響が出てきますので、閉経のタイミングで薄毛に悩まされるという方も多いです。

女性ホルモンは30代から徐々に減少し始め、40代で急激に減少します。

毛髪は生活習慣の影響を受ける

女性ホルモンのバランスは生活習慣にも影響をうけます。
過度なダイエットや睡眠不足といった悪い生活習慣によっても女性ホルモンは減少してしまいますので注意が必要です。

薄毛が気になるのなら、女性用育毛剤を使うだけでなく、生活習慣の改善についても取り組むとより効果的です。

生え変わりを実感する為には3ヵ月は必要

乱れてしまったヘアサイクルを元に戻すためには、まずは休止期に入ってしまっている髪を生やすということが必要になります。休止期にはいった髪は、女性用育毛剤を使ったからといってすぐには生えてきませんし、乱れを整えるための期間も必要となります。

休止期間はもともと三ヶ月程度ありますし、そのうえ乱れているサイクルの改善が必要となると更に時間がかかります。そのため、生え変わりを実感するためには、最低でも三ヶ月以上は必要になります。