最近は男性女性兼用の育毛剤も増えています。
ですが、基本的には女性の薄毛に男性用育毛剤は効果が薄いでしょう。

何となく男性用の方が効果が強そうで、つい使ってみたくなりますよね。
なぜ男性用と女性用に分かれているのか、理由を探り自分に合った物を選ぶようにしましょう。

男性と女性の薄毛の違い

男女の薄毛違い

薄毛と言っても、毛が薄くなるメカニズムについては男性と女性とでは大きな違いがあります。

男性の薄毛

生え際や頭頂、分け目などの部分的に薄毛が目立つ場合が多いようです。
進行がゆっくりなため「気が付くと自分が思っていたよりかなり地肌が露出していた」なんて事があります。
男性の薄毛は遺伝的な要因が大きいです。
そして男性ホルモンは、年齢が上がることによって髪の発育を止めてしまう働きがあります。

女性の薄毛

頭部全体と広範囲で毛が細く少なくなり、ボリュームが出ないことから薄毛に気づくことが多いようです。
男性に比べると遺伝的な要因はあまりなく、寝不足や食生活、ダイエットやストレスといった生活習慣から来る理由が大半です。
生活習慣が乱れると女性ホルモンのバランスが崩れ、身体が血行不良となり頭皮にも栄養が不足するのです。

男性用育毛剤と女性用育毛剤の違い

男性は男性ホルモンにより皮脂が過剰分泌を起こしやすく、また汗が出る汗腺も太いため頭皮が炎症して不衛生になりやすい環境にあります。
男性用育毛剤は抗菌成分や炎症を抑える成分が主体となった物が多いのです。

女性は男性より地肌も柔らかくデリケートです。
特に薄毛の状態は正常ではないため非常に繊細なので、育毛剤も低刺激で出来ているものが多いです。女性の薄毛は生活習慣からくるホルモンバランスの乱れによる血行不良が大きな原因ですので、育毛剤も血行促進成分や保湿成分、栄養成分が入った物が主体となります。

以上のことから、女性用育毛剤と男性用育毛剤は成分に違いがあることが分かります。

女性には女性用育毛剤を使おう

女性の薄毛の主な原因となる血行不良に効果的な成分が的確に配合されているのはやはり女性用の育毛剤です。
原因に対抗する成分の入った育毛剤を正しい使い方で使用し、効果を充分に発揮できる物を選ぶことが大切ですね。