男性と女性の薄毛の違い女性と男性の薄毛は原因が異なるため、対策も変えていく必要があります。

男性の薄毛原因

男性薄毛の原因は男性ホルモンの過剰分泌によるところが大きく、男性型脱毛症と呼ばれる薄毛です。
AGAとも言われており、若くして薄毛になってしまう場合はかなりの確率で該当します。
男性薄毛はてっぺん・前側が薄くなるのが特徴であり、それ以外の部位はフサフサというケースが多いです。
男性ホルモンは横・後ろ側などにはあまり影響しないので、てっぺん・前側だけ薄くなってしまいます。

AGAは早めの対策を!

AGAは非常に進行しやすいので、自覚したらすぐに対策をしなくてはいけません。
まだ若いから大丈夫だと思っていると、あっという間に薄くなってしまうので注意しましょう。
男性用育毛剤を使用して、男性ホルモンを抑えていく対策が効果的です。
毛穴の皮脂はシャンプーで落とせますし、頭皮が硬くなっている場合は頭皮マッサージが役立ちますが、男性ホルモンを抑えるためには男性用育毛剤が必要となります。
育毛シャンプーは育毛剤の代用にはならないので、必ず男性用育毛剤を使用してケアしてください。

女性の薄毛原因

女性薄毛の原因はストレス、ホルモンバランス異常にあることが多いですが、男性のような顕著な薄毛にはなりにくいです。
女性薄毛の特徴は全体的に弱く細くなるものであり、男性のようにてっぺん・前側だけ薄くなることは通常ありません。
ただし、男性ホルモンの分泌量が著しく多い女性に関しては、これらの部位が薄くなることはあります。
AGAほどの顕著な症状は出ませんが、部位的に薄くなることはあるのです。

女性の薄毛対策

女性の薄毛対策としては、女性用育毛剤の使用がおすすめであり、男性用は使用しないようにしてください。
男性用のほうが効果が高いものが多いですが、効果に比例して副作用も大きくなります。
女性の頭皮には女性用育毛剤が適しており、ホルモンバランスを整えて抜け毛を減らす効果があります。
男性用は育毛成分の配合量が多い反面、女性が使用すると刺激が強くて抜け毛が増えることがあるのです。
また育毛剤の役割も男女によって異なり、男性の場合は主に男性ホルモンの抑制と血行促進ですが、女性の場合はホルモンバランスの調整と栄養補給となっています。
薄毛の原因に特化した機能となっているため、女性は女性用育毛剤でケアをしてください。

女性用育毛剤の効果

3ヶ月も使用すれば抜け毛の減少が見られるはずですから、まずは3ヶ月の集中ケアを実践しましょう。
抜け毛が減少してきたら、頭皮環境やホルモンバランスも正常になりつつあります。