女性が薄毛になってしまう原因はいくつか考えられます。
薄毛になってしまった原因毎に育毛対策がありますので、あなたの薄毛原因をしっかり特定することが重要です。

女性の薄毛原因をいくつか挙げてみましたので、あなたの薄毛はどれに当たるかチェックしてみましょう。

ホルモンバランスの乱れから来る血行不良

女性の薄毛の最も多い原因としては、
・偏った食生活
・過度なダイエット
・睡眠不足
・ストレス
などの生活習慣の乱れにより女性ホルモンのバランスが崩れ、血行不良となり栄養が頭皮に届かず薄毛となることです。

特に女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、毛根の発育を促し髪を成長させます。血行不良により頭皮へのエストロゲンが減少すると、髪の発育機能が鈍くなり、結果薄毛になるのです。
妊娠、出産、加齢も、同じようにホルモンバランスを崩しやすい期間といえます。

もともと人は女性用ホルモンも男性用ホルモンも両方体に備わっています。
女性は女性ホルモンが多く、男性も同様に男性ホルモンが多く分泌されています。
しかし何らかの理由により、どちらかが上回るなどホルモンバランスが崩れると、血行不良になり充分な栄養が頭皮に届かないのです。

つまりは頭皮の血行不良が薄毛の1番の原因なのです。

貧血には特に注意を!

貧血女性は体が冷えやすく生理もあるため貧血になりやすいですね。
血の巡りが悪いと頭皮にも栄養がスムーズに流れず、乾燥や炎症を起こすことがあります。

乾燥はフケの原因にもなりますし、炎症はかゆみの原因になります。
髪の9割はケラチンというタンパク質で出来ておりケラチンには鉄分が欠かせません。

そのため、健康な髪を作るためには充分な栄養を取り、頭皮を温めて血の巡りを良くし栄養を頭皮に届ける必要があるのです。

生活習慣から来る頭皮環境の悪化

 

  • 毎日のシャンプー
  • 強いブラッシング
  • エアコンや紫外線
  • ドライヤー

これらは、頭皮を刺激し地肌に負担をかけるものばかり。
毛髪はドンドン傷んでいきます。

間違った頭皮ケア

間違ったヘアケア女性は男性より髪の面積が大きいため髪に気を使う事が多いですね。
カラーリングやパーマ、スタイリング剤に日焼け対策とヘアケア用品を使う場面も多いと思います。

しかしそれらは髪にとってはダメージになる事があるのも事実です。

蓄積されたダメージは毛髪や頭皮へのダメージになり、フケやかゆみ、炎症が出やすくなります。
改善しようと過剰なシャンプーによる頭皮の汚れの取りすぎは、乾燥や皮脂の過剰分泌につながり、汗や汚れが溜まりやすく不衛生な環境になります。

悪循環により髪が抜けやすい原因になります。

正しいシャンプーの仕方を覚えよう

 

シャンプーは「髪がサラサラ」「しっとりまとまる」など髪に関するキャッチコピーが多いですが、地肌に直接触れるのでなるべく低刺激のものを選びましょう。

髪を洗うと言うより頭皮を洗う感覚で行います。
爪を立てずに指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗い、丁寧にすすぎましょう。
正しいシャンプーは正常な皮膚へと近づけ、育毛剤の浸透を高めることに繋がります。