薄毛は女性にも起こる

薄毛は昔より男性に生じる疾患として取り扱われてきました。しかし近年では年齢を問わず女性にも多発しているとのデータがあります。

その結果、レディース専用の育毛商品や薄毛治療も存在しています。しかしそれらの内容は男女で差が大きくあり、その差はホルモンの影響が大きいとされています。

薄毛はホルモンが密接に関係している

毛髪とホルモンは非常に密接にかかわっており、毛髪部位によって主要となるホルモンが異なります。具体的には前頭部や頭頂部は女性ホルモンが、側頭部・後頭部は男性ホルモンがその大きな役割を担っています。

しかし女性ホルモンは性別によってその量が異なっています。特に男性は女性ホルモンが少ない傾向にあり、それは年を重ねる中で男性性が増すにつれて進行していくことから年々薄毛が進行していきます。

女性ホルモン減少が薄毛に

女性には女性ホルモンが多いですが、ホルモンバランスが崩れてしまうことで分泌される量が減ってしまったり、十分に機能してくれなくなることもあります。

そのためホルモンバランスの崩れが薄毛の原因となるケースが多いです。

崩れてしまう要因としては様々にあります。ホルモンは自律神経系で管理されており、食事・生活習慣の乱れや精神的要因など様々なことがきっかけで崩れてしまいます。

また刺激が大きく生活が不規則になっている人が多い現代ではそれが生じやすく、若い人でも十分に薄毛を引き起こしてしまう要因はそろっています。またどれだけ適切な生活を送っていても閉経に伴いホルモン分泌量が減ってしまうということが医学的にも証明されています。

女性の薄毛対策

しかし閉経する時期は更年期にあたるときである方がほとんどであることから、若い時にしっかりと体をケアしておけば薄毛を予防することは十分に可能です。具体的には規則正しい生活リズムを確立し、食事も栄養価の高いものを摂取することが重要となってきます。

また精神面ではできるだけストレスをためずに快適に過ごすことで改善できます。そして性ホルモンはそのせいが活発になっているときによりその分泌が盛んとなります。そのことから恋愛や性交渉をしているときもその分泌が盛んになるとの報告も存在しています。

そのことから健康的な生活をしつつ女性性を高めるように意識して活動していくことでホルモンが薄毛の原因となっている方は治療・改善が可能となります。また薄毛は放置していると次第に進行してしまします。

一度薄毛が進行してしまうとその治療・改善はより難しく時間がかかってしまうため、早期より取り組みが重要となってきます。

合わせて読みたい女性用育毛剤: